虫歯の治療

「歯が痛い」「水がしみる」・・・それは虫歯の症状かもしれません。

虫歯は自然に治りません。「ちょっとだから」「歯医者が苦手」「忙しいからそのうちに」と放置すると、抜歯(歯を抜くこと)しなければならなくなったり、骨の中に細菌が入り込み敗血症を起こすこともあります。織田歯科医院では常に最新の治療技術を取り入れ、患者様の負担が少なくなるよう、できるだけ短期間で痛みの少ない治療を行うよう日々努力しています。

虫歯の進行段階について

(1)ごく初期の虫歯

C0 ごく初期の虫歯

歯の表面(エナメル質)が少し溶けはじめて、表面が良く見ると白く濁っています。痛みなどの自覚症状はありません。
ごく初期の段階では、主にシーラントという処置を行います。シーラントは予防処置ですが保険適応となっております。

(2)エナメル質の虫歯

C1 エナメル質の虫歯

エナメル質がさらに溶け、黒ずんだり穴があいたりします。まだ虫歯がエナメル質に限局していますが、冷たいものがしみることがあります。
コンポジットレジンという白い詰め物で治療します。

(3)象牙質の虫歯

C2 象牙質の虫歯

虫歯が象牙質まで及んでいます。象牙質は痛みを感じる場所なので冷たいものや甘いものがしみ、ときどき痛みます。
前歯治療はレジン、範囲の広い場合はかぶせる事になります。臼歯では主に金属のインレーでつめますが、セレックの導入で、前歯はもちろん臼歯でもほぼ白い修復が可能です。強い歯磨きで起こる楔状欠損も、セレックで修復できます。

(4)神経(歯髄)まで進行した虫歯

C3 神経(歯髄)まで進行した虫歯

虫歯が神経(歯髄)まで及んでいます。熱いものがしみ、何もしていなくても我慢できない程に痛むようになります。人によってはあまり痛まない人もいます。歯髄が完全に死んでしまうほど進行した場合、痛みはほぼなくなりますが状況はより深刻になります。熱がでることもあります。
歯質が弱くなるので、基本かぶせることになりますが、当院ではなるべく白い部分を残す治療を心がけてます。

(5)歯根まで進行した虫歯

C4 歯根まで進行した虫歯

健康な歯がほとんどない状態です。痛みはなくなりますが、膿が溜まると痛みます。ここまで進行した場合、歯を残すことは不可能です。
歯質が弱くなるので、基本かぶせることになりますが、当院ではなるべく白い部分を残す治療を心がけてます。

白い歯を取り戻す治療(審美歯科)

織田歯科医院では、より元の歯の状態に近づける治療に注目しています。

「治療したあとの銀歯が気になって笑えない」「周りの歯の色と違う」「若い頃の治療で歯が黒ずんでしまった。もうあきらめている。」といった悩みは、決して贅沢なものではありません。

口元がきれいだと、自信をもって生活できます。できるだけ治療後もきれいでいたい。当院は患者様のそういった声に応えるべく、最新技術の「CEREC(セレック)治療」を導入しました。

CEREC治療について詳しくはこちら
CEREC治療について詳しくはこちら

診療時間のご案内

診察時間
午前 9:00 ~ 12:30
午後 14:30 ~ 18:30

休診日
水曜・日曜・祝祭日

予約電話番号
0766-86-3754(予約制)

ページのトップへ戻る