歯周病の治療

Er:YAGレーザーで歯周病治療

実は、歯を失う原因として最も多い病気が歯周病です。成人の約8割が歯周病もしくはその予備軍であると言われています。炎症が歯ぐきに限定されているときは歯肉炎、それ以上に進行すると歯周炎(歯槽膿漏)と呼ばれます。

歯周病は、歯と歯ぐきのすき間である歯周ポケットにたまった、歯垢(プラーク)に含まれる細菌が原因となって発症します。みがき残した歯垢や歯石の中にひそむ菌が歯周組織に炎症を起こし、最終的には歯ぐきや顎の骨を破壊してしまう病気です。もっと恐ろしいことに、炎症が続いていると、歯周病菌や菌の出す毒素が血流に乗って心臓に運ばれたり、肺に入ったりし、全身疾患を引き起こすおそれがあります。
歯周病は痛みなどの自覚症状がないまま進行します。赤くなっている、歯を磨くと出血するなどのサインを見逃さないようにし、できるだけ軽いうちに治すことが大切です。

Er:YAGレーザーで歯周病治療

Er:YAGレーザーで歯周病治療

Er:YAGレーザー(エルビウムヤグレーザー)とは、厚生省が唯一認可した、歯を削ることができるレーザーです。生体組織の水分に対する反応が高く、発熱が少ないため、治療箇所以外の組織への悪影響がほとんどなく、安全なレーザーといわれています。治療は患部だけを取り除くことができるため、健全な部分を多く残すことができます。歯、歯周病の治療に多く用いられています。

当院では、虫歯治療と並行して歯肉のレーザー治療を行っています。
レーザーを照射することにより、歯と歯茎の間にある骨の再生を促します

新型レーザーを導入しました。

最新のエルビウム・ヤグレーザ、”アーウィンアドベールEvo”を導入致しました。前の2代目アドベールと基本性能には大きな変化はないのですが、先端チップからのレーザーの出方・出力などが改善し、より短時間で効率の良い歯周病治療が可能となりました。
疼痛もかなり抑えられます。

Er:YAGレーザーで歯周病治療の流れ

歯周病の検査

診察をし、歯周病の病状を調べます。 Er:YAGレーザー治療の適応であれば、治療を進めます。

プラークコントロールの確立・歯石除去

プラークコントロールは、 歯に付着したプラーク(歯垢)が増えるのを防いだり、取り除くことです。ここでは、機械的に歯垢を掃除するということです。歯周ポケットの中にある歯垢・歯石を取り除きます。

再検査(1回目の検査から約1ヶ月後)

歯周病の状況を検査します。歯と歯茎の間にある骨の再生を促します。

レーザー治療

歯肉のレーザー治療を行います。歯と歯茎の間にある骨の再生を促します。

治療後は、1~2ヶ月に1度のメンテナンスをお勧めしています。

Er:YAGレーザー治療は痛みの少ない治療!

Er:YAGレーザー治療は、ほとんどの治療が麻酔無しでできるほど、痛みを抑えられます。麻酔注射による痛みや不快な思い、恐怖を感じることがないだけでなく、菌を除去する効果があり、処置後の早い回復・治癒も期待できます。Er:YAGレーザーは、生体の持っている水分に反応し、水分にレーザーが当たると一瞬に蒸発していきます。そのため、痛みを感じることが少なく治療することができます。

歯周病治療についてよく寄せられる質問と回答はこちら

診療時間のご案内

診察時間
午前 9:00 ~ 12:30
午後 14:30 ~ 18:30

休診日
水曜・日曜・祝祭日

予約電話番号
0766-86-3754(予約制)

ページのトップへ戻る
0766-86-3754